【特集】ビジネス用チャットアプリ(slack/Chatwork/Discord)

新型コロナウィルスの影響で、在宅勤務が加速化している中、社内・社外でのコミュニケーションに苦労している人も多いのではないでしょうか。

しかし、より円滑なコミュニケーションを実現するためにチャットアプリを活用しようにも、どのサービスを選んでいいのかが分からないという方も多いと思います。

そこで今回は、特別号として、「slack」「 Chatwork」「Discord」3つのチャットアプリツールの特徴を比較して紹介します。

サービス概要

まずは、今回比較する各チャットアプリについて紹介します。

slack

【商品名】slack
【商品の特徴と尖ってるポイント】
・世界有数の導入企業数
・連携できる他サービス多数
【企業名】Slack Technologies Inc
【会社所在地】アメリカ
【URL】 https://slack.com/intl/ja-jp/
【価格】スタンダード 1人あたり¥850/月〜(年払いの場合)

Chatwork

【商品名】Chatwork
【商品の特徴と尖ってるポイント】
・日本で生まれたチャットツール
・タスク管理機能あり
【企業名】Chatwork株式会社
【会社所在地】日本
【URL】 https://go.chatwork.com/ja/
【価格】フリー 1人あたり¥0/月〜

Discord

【商品名】Discord
【商品の特徴と尖ってるポイント】
・動作が軽い
・基本無料で使用可能
【企業名】Discord Inc
【会社所在地】アメリカ
【URL】 https://discord.com/
【価格】無料〜(有料版のDiscord Nitroあり)

サービス比較

①機能と特徴について

機能として広範囲をカバーしているのはslackだと思います。音声通話・ビデオ通話・画面共有・スタンプ機能・顧客別のワークスペースの設定など、コミュニケーションにおける手段の豊富さが特徴的です。また、Googleの各種アプリや勤怠記録サービスなど、他サービスと連携しているケースも多いため、コミュニケーション面以外での業務効率にも繋がるのではないでしょうか。

Chatworkはタスク管理機能があるため、社外とのプロジェクトを進める際にも役立つと思います。国産のツールということもあり、何かあったときのカスタマーサポートなども安心できるのではないでしょうか。

Discordは元々ゲーマー向けの無料ボイスチャットアプリとして開発されたこともあり、テキストと音声でのやり取りに優れています。基本的に費用がかからないこともあり手軽に使うことができますが、「サーバーに入れる人はどのトークにも参加できる」ため、プロジェクトごとの情報管理など、セキュリティ面には注意が必要です。

②費用について

どのツールも無料で使えるプランがあるので、まずはそれぞれのツールを試してみるのが良いと思います。

ただし、slackはフリープランだと顧客別のワークスペースの設定ができなかったり、閲覧と検索の範囲が直近のメッセージ 10,000 件のみになったりと、様々な制限があります。

Chatoworkも無料で使用できるとはいえ、無料アカウントでは累計14グループチャットまでの制限がありますので、使い始めれば費用が発生する可能性が高いです。

③使いやすさについて

どのチャットツールもUI・UXがシンプルなつくりになっているため、サービスとしての使いやすさ自体はそこまで大きく変わらないと思います。

シーン別で考えていくと、「社外とのコミュニケーションを重視したい」という場合であれば、顧客別のワークスペースが設定できるslackや、タスク管理機能やファイル管理機能のあるChatworkが活用しやすいでしょう。

逆に「社内でのコミュニケーションを重視したい」という場合であれば、豊富なスタンプ機能でライトにコミュニケーションも取れるslackかDiscordが良いのではないでしょうか。特にslackは検索性も高いので、社内でのファイルの共有などもスムーズに行えると思います。

【当サイトの総評】
各チャットアプリでそれぞれ特徴はありますが、やはり目的に合わせて使い分けるかたちが一番分かりやすいのではないかと思います。

個人的にオススメなのは、社外向けのコミュニケーションにChatwork、社内向けのコミュニケーションにslackというかたちです。使い分けが難しければ、クライアントごとのワークスペース・案件ごとのチャンネルなど仕分けがしやすいslackをオススメします。

実際に活用していくとなると、その運用ルールの設定や管理方法にも気を配る必要があるため、導入の際には各ツールの特徴を把握しておくと役に立つと思います。
       
評価項目 評価 ★5点満点
使いやすさ ★★★★
価格 ★★★★
目新しさ ★★
業務効率貢献度 ★★
知っててドヤれる ★★★

注) 当サイトの独断と偏見に基づいて評価しておりますので、参考程度と捉えていただきますよう予めご了承願います。